自分の数々の経験した体験談を交えて、書くには。まず物語集のように、一人の話だけで終わろうとせず。自分の一つ一つの思い出をまるで他人から聴いた体験記のように、書くと良いかと思います。
まず主題よりも、自由に楽しめた思い出や輝いた功績を全て書き出します。単語ごとに区切って書いても構いません。
その一つ一つの単語をあなた自身が、男もしくは女の立場なら逆の発想で何々だったら何が何でどうなる。主語、述語、単語、で繋げます。
しかし、注意点をするのならちゃんと通るような文にならなければいけません。気持ちを他人から見ればどんな表現の仕方になるのか工夫して書く必要があります。
不自然になってもいけないので気をつけて書くようにしましょう。書くコツは、テレビのドキュメンタリーやドラマの主人公ばかりを見てしまうのではなく他の人や親子、動物や植物をたくさん観ることだと思います。
その後は、起承転結の所を気をつけて書くようにすれば間違いなく一人の作品になってるはずです。上記のようなドラマばかりではなくアニメや音楽もちゃんとした作品になるはずです。たくさん知って損なことはありませんよ、個人差はありますが頑張って書きましょう。

【記事作成会員登録後も完全無料】【500円~お振込み】
Plusではあなたの文章がすぐお金になります。