ネット内職(みんなの声)

【未経験在宅】初心者ライター募集情報、在宅内職、お小遣いについてなど、みんなの声を掲載中。

気付けば500文字に到達する方法

1164 views

500文字というのは一見多いように見えるかもしれませんが、実はすごく少ないです。これは500文字書くというよりも500文字喋ると考えると納得できるかと思います。喋る場合、500文字というのはものすごく少ないのです。これは、500文字の文章を声に出して読んでみると実感できます。
まず500文字内に集約しなければならない情報が多い場合は、その情報を繋ぎながら並べていくことで500文字近くに達することが多いです。
また、情報が少ない中で500文字書かなければいけない場合は、「前フリ」をすることで文字数を稼ぐことができます。前フリを使うと、読者により強い印象を与えることができます。例えば、「○○な人はいませんか?そういう人におすすめ!・・・」という風に書くことで、文字数を稼ぎながら、記事を読む人をぐっっとひきつけることができます。さらに「例えば・・」などという風にたとえを入れることでもかなり文字数を稼ぐことが可能です。
要約すると、書くというより喋るというイメージをもって、情報を整理して、まず必要な情報を書き、文字数が足らない場合は、前フリ、例えなどを文章に加えていくことで、あっという間に500文字に達することができます。

まずはメルマガ登録しておこう

【未経験在宅】初心者ライター募集! |
Plus記事作成代行サービス
記事作成会員登録(無料)

この記事を投稿した人(寄稿者情報)

みんなの投稿
みんなから集めた記事を投稿しています。「みんなの投稿(この寄稿者)」が投稿した記事は、不特定多数の人が書いた記事です。

あなたもこのブログに記事(内職に関する)を投稿することが出来ます。投稿したい方は「新規ユーザー登録(無料)」を行って下さい。

コメント投稿

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)