500文字は結構な文字数のように感じますが、実は500文字を書くのは簡単なんです。なぜなら、書きたい事を決めたらそれに従って起承転結を決めればいいからです。
まず書きたい事を決めます。そして、メモに「起」「承」「転」「結」と間をあけて書きます。
次に、書きたい事を「○○について」と決めたら、書きたい事を箇条書きにメモします。この時に書きたい事が「起」「承」「転」「結」のどこに当てはまるか考えて、そこにメモしていきます。例えば、その商品を使ってみて良かったという事を書きたければ「結」にその事を書きます。また、その商品を使うようになった理由は「起」となります。
全部で500文字を書けばいいので、「起承転結」のそれぞれの各段落は、大体100文字ちょっと書けばいいんです。100文字だとちょっとした口コミを書く程度の文章だと思えば、500文字なんて容易いと思います。
書きたい事を「起承転結」に沿ってメモしたら、それを文章にしていきます。
接続詞は「まず」「次に」「そして」「最後に」を使うと起承転結が分かりやすくなります。
文章になったら、それがタイトル通りの文章になっているか確認します。そして確認したら、文章が書けたとなります。

【記事作成会員登録後も完全無料】【500円~お振込み】
Plusではあなたの文章がすぐお金になります。