500文字の文章を書く方法

500文字の文章を書く為には最初に大まかなテーマ(大体、ざっくり)を決めることです。例えば、「○○○について」みたいに詳しく細かいところまで決める必要はありません。大まかなテーマ(大体、ざっくり)が決まったら次は、その大まかなテーマ(大体、ざっくり)を聞いて自分が思い浮かぶことを出来るだけたくさん箇条書きにしていきます。これはとりあえず文になっていなくても単語でも大丈夫です。

箇条書きが終わったら、次はそれらを正しく繋げていきます。この時点で500文字になっていなくても大丈夫です。ここで、全部を1つの文にしないで短い文を何個か作るほうが楽だと思います。

次に、さきほど作った短い文を同じような内容ごとにつなげて何個かの長い文にします。これができたら、後は500文字になるように自分で少しずつ直したり、書きたしたり、いらないと思うところを削ったりしてできるだけシンプルで分かりやすい文章にしていけば完成です。最初は難しいかもしれませんが、自分が1番伝えたい部分を決めるとやり易くなると思います。注意する点は最後に読み返して正しい文章になっているかどうか確認して下さい。

この方法は私が授業で作文を書くときに使っていた方法です。ですが、やっぱり何度も書くこと。書くことに慣れることがとても大切だと思います。なのでこの方法を使ってたくさん文章を書いて、書くことに慣れてしまえば500文字の文章なんてすぐに書けるようになると思います。

タイトルを決める場合は最後に決めてください。タイトルは出来るだけ具体的に設定することが自分の為にも依頼者側、記事を読んで下さる方みんなにとって良いことですので25文字程度のタイトル設定を心掛けましょう。

この記事タイトルは以下になります。

500文字の文章を書く方法はたくさん箇条書きにしてから繋げて整える

【記事作成会員登録後も完全無料】【500円~お振込み】
Plusではあなたの文章がすぐお金になります。