ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

500文字の文章を書く方法はたくさん箇条書きにしてから繋げて整える

500文字の文章を書く方法

500文字の文章を書く為には最初に大まかなテーマ(大体、ざっくり)を決めることです。例えば、「○○○について」みたいに詳しく細かいところまで決める必要はありません。大まかなテーマ(大体、ざっくり)が決まったら次は、その大まかなテーマ(大体、ざっくり)を聞いて自分が思い浮かぶことを出来るだけたくさん箇条書きにしていきます。これはとりあえず文になっていなくても単語でも大丈夫です。

箇条書きが終わったら、次はそれらを正しく繋げていきます。この時点で500文字になっていなくても大丈夫です。ここで、全部を1つの文にしないで短い文を何個か作るほうが楽だと思います。

次に、さきほど作った短い文を同じような内容ごとにつなげて何個かの長い文にします。これができたら、後は500文字になるように自分で少しずつ直したり、書きたしたり、いらないと思うところを削ったりしてできるだけシンプルで分かりやすい文章にしていけば完成です。最初は難しいかもしれませんが、自分が1番伝えたい部分を決めるとやり易くなると思います。注意する点は最後に読み返して正しい文章になっているかどうか確認して下さい。

この方法は私が授業で作文を書くときに使っていた方法です。ですが、やっぱり何度も書くこと。書くことに慣れることがとても大切だと思います。なのでこの方法を使ってたくさん文章を書いて、書くことに慣れてしまえば500文字の文章なんてすぐに書けるようになると思います。

タイトルを決める場合は最後に決めてください。タイトルは出来るだけ具体的に設定することが自分の為にも依頼者側、記事を読んで下さる方みんなにとって良いことですので25文字程度のタイトル設定を心掛けましょう。

この記事タイトルは以下になります。

500文字の文章を書く方法はたくさん箇条書きにしてから繋げて整える

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 26 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 文章をまとめるのは、なかなか難しいですね。頭に思い浮かんんでも言葉が見つからない場合が時々あります。適切な表記の難しさですね。

  2. By ∞ひめくるみ∞

    500文字の文章を書くのは難しいし、面倒だけど、まずは簡単に箇条書きにしたら良いんやね。

    100文字を5回に分けて書いたら、あっという間に、500文字になるなあ。

    そうしたら簡単に書けるんだね。

    PLUSさんの仕事で最近、150文字や300文字と言うのが有るから嬉しいよ。

    500文字書くのしんどい、書けないって時もあるし、そんな人がいると思う。

    そんな時に150〜300文字の案件は助かります。

  3. 確かに。出来そうですね。

  4. いい方法ですね。学校でも作文用紙何枚以上なんていう文字数指定があったのに、こういう書き方は教えてくれませんでした。勉強になりました。

  5. 色々と勉強になります。500文字は長いので参考になります。有り難うございます。

  6. 500文字ってすごーく壁があったのですが、わかりやすいアドバイスありがとうございます。

  7. なるほど…参考にさせて頂きます。

  8. 参考になります。ありがとうございました

  9. プラスをかなり紹介されていますので試してもいいかなと思います。

  10. 内容は分かりますが、他人に見られると思うと私の文章力では厳しいです。

  11. 学校の授業が役に立ってるのですかぁ〜。

    自分も作文が苦手で今でも文章を書くのが億劫で…

    このサイトで勉強します。

  12. By リッチマン

    なるほど箇条書きですか。

    良い方法みたいですね。それならば書き易いし、考えもまとめ易いかも。

    やってみます。ありがとうございました。

  13. 箇条書きですか。
    参考になりますね。
    500文字って結構大変な感じですが
    この方法ならやれそうですね。

  14. By 伊多波博文

    『箇条書き』私は調子にのって思いたった事を文章にしてしまい良く箇条書きになってしまいます。この間はあまりのお金の無さに違った意味で過剰書きしてしまい注意されました。時間がなくせかせか生きているので箇条書きが出来れば満足してしまいます。もう少し時間に余裕を持って文章をまとめていきたいと思います。気持ちに余裕がないあらわれですね。綺麗な文章が作成できるように少しずつなおしていきたいと思います。箇条書きからはじまり文章作成できるように経験を積んでいきたいと思います。(私はまだ精神状態が悪いです)

  15. By スカッピィ

    最初から文章をと気負うことはないのですね。
    単語一つでもいい。
    あとは組み合わせてみる。
    なるほど!
    とても参考になります。
    がんばります。

  16. 学校の先生はそうゆうことは教えてくれませんでした、残念です

  17. いつも、真っ先にタイトルを決めてから書いています。
    それゆえに、途中でどういう風に不自然ではない書き方をしたらいいのか迷うことも多いです。

    箇条書きをするという方法は、頭にありませんでした。

    これなら、箇条書きしたものを組み合わせて文章が書けそうです。
    500文字以上の案件にも役に立ちそうですね。

  18. By メグミ(二児のママ)

    文章を書くときは箇条書きで、書き出してみるとわかりやすいですね。
    インターネットで調べてだと、必要な所を書き出して自分の意見や言葉、わかりやすい言葉を変えたりしてから、箇条書きしています。そのままは著作権がありますから。
    順番をつけたり考えてから文章を作って、テーマを考えて書いてみています。
    五百文字書いてお小遣い稼ぎ出来るように、頑張って行きましょう。

  19. 箇条書きも良い方法ですね。

    ビジネスなどの会話や報告の場でよく使われる手法の一つに、まず最初に結論・結果を述べる、というのが良いとされます。人は聞きたいことに対して最初に明確な答えを述べられると安心します。

    ですから文章を書く際にも質問や依頼内容に沿った結論を最初に述べ(準備段階としてこの時点で箇条書きがベスト。そしてそれを文にする。)、次に理由やそれまでの経過を書いていくと読み手にとって比較的分かりやすい文章になります。

  20. 500文字というのはけっこう高いハードルなんですよね。

    長く長くと意識すると、いいたいことがボヤけたり、必要ない話が入ったりしてしまいます。

    箇条書きはいい方法かもしれません。

    最初は箇条書きそのものがあまり思い付かない気もしますが、大体いくつ位の箇条書きが必要なのかがわかってくると、かなり楽になるように思います。

    この方法、試してみようと思います。

    ありがとうございました。

  21. とても参考になりました!

    これなら、長文も書けそうです。

  22. なるほど。

    書きやすいし、ぜんたいがわかるのでまとめやすい!

    やってみます!

  23. まずテーマを決めて箇条書きにするのですね。やってみます!参考にさせていただきます!

  24. これから自分は自分の考えを行かせるように、します。

  25. 参考にしながら頑張ってこれからも記事作成していきたいです!