ネット内職(みんなの声)

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

500文字の文章を書く方法は箇条書きしたものに文を書き足していく

文章が書けない、そういう人、大勢、います。
私の娘もそうですからね。
よく、聞くと書きたいものがよく分からないというんです。
例えば、レポートを出されても出された題材の意味がよく分からないというんです。
要は、最初の時点でつまずいているんです。まずは書くべき題材から自分なりの解釈で加えるということでしょうか。
解釈は人によって違うのは当たり前の話。
だから、相手の事を考えずに自分なりに決めればいいんです。
題材が決まったら次は起承転結ですね。
大体、4つの分類に分けると案外、話は書けるんです。だけど、起承転結なんてどう書いたらいいんでしょう。
と悩むかもしれません。
だったら、テーマにあわせていろいろと箇条書きしてみたらどうでしょう。
箇条書きしたものにいろいろ、文を書き足していくんです。
そうすると案外、文章が出てくるんですよ。
最初から、字数を考えてはいい文章はできないと思います。
それに最近では、字数だけ数えてくれるサイトがありますからね。
私の場合、起承転結で作った文章をまず、そういったサイトで字数を確認します。
それで、字数が足りなかった場合、再度、自分で読み直して文章を作り上げていく方法をとっています。
大体、一度、自分、読み直していくとどこかに文を組み込む隙間がみつかるんです。