ネット内職(みんなの声)

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

500文字が苦手な方は私が文章を書く上でやっている事を真似すれば書けるでしょう

48987 views
500文字が苦手な方は私が文章を書く上でやっている事を真似すれば書けるでしょう

文章を書くのが得意な方は直ぐに、どう言う内容(文字)で人の目を惹き付ければ良いかが解り、短時間ですらすら文章を書く事ができますが、苦手な方は時間がかかってしまいます。

どちらかと言えば私も文章を書く事が好きなので、すらすら書く事が出来る訳ですが、苦手な方や、もっと簡単に文章を書く事が出来たら良いなって方に、文章を書く上で私がやっている事を教えたいと思います。

1:相手にどうやったら伝わりやすいかを考える。

2:一番、何を伝えたいのかを選び、その内容を膨らます。

3:文章を読み返し、相手に伝わる文字になっているかを見直す。もし、文字が短すぎて伝わりにくいと言う時は文字を足し、長すぎて読みにくい場合は読みやすくする為に要らない文字を省く。

4:最後に文字数が足りているかどうかを確かめる訳ですが、読み手の事を考えて文章を書くと500文字はあっと言う間に埋まってしまいます。実際、この文章も此処迄書いて大体、400文字です。

5:どうしても500文字いかないと言う場合は、一番伝えたい事を更に膨らませるか、その次に伝えたい事を足して書くと簡単に500文字埋まります。

そう言う事を踏まえて文章を書こうとすると、すらすら文字が頭に浮かんでくると思います。

是非、文章を書く際にはこれを試して見て下さい。

Plus会員より

まずはメルマガ登録しておこう

質問箱(気軽に投稿しよう♪)






    匿名で質問を送信出来ます。ご自由に送信して下さい。
    いただいた質問の中から、運営者が回答したいと思うものを選んで、記事投稿します。
    必ず回答記事を投稿するわけではありません。

    【未経験在宅】初心者ライター募集! |
    Plus記事作成代行サービス
    記事作成会員登録(無料)

    この記事を投稿した人(寄稿者情報)

    みんなの投稿
    みんなから集めた記事を投稿しています。「みんなの投稿(この寄稿者)」が投稿した記事は、不特定多数の人が書いた記事です。

    あなたもこのブログに記事(内職に関する)を投稿することが出来ます。投稿したい方は「新規ユーザー登録(無料)」を行って下さい。

    コメント一覧

    • Comments ( 11 )
    • Trackbacks ( 0 )
    1. わたしは、『絆』のサイトも始めて利用します。

      こうして、コメントするのも初めてです!

      普段は、文章を書くこともあまりなくなってきましたね!?

      しかし、わたしは本を読むことが比較的好きです。だから、500文字の文章を書くこともあまり苦にはなりませんでした。

      そこで、500文字の記事作成が苦手な方にヒントを書きますね♪

      まず、1つ目は依頼者が何を依頼されてるのかをつかむことです。テーマと全然関係ないものを書いても意味がないからです!

      そんな簡単に500文字なんて書けないよ!って思う人は、自分の書きたいことを箇条書きにしてみて下さい。そこから文章を繋げていってみて下さい!

      文章の基本は起承転結です。それを頭において書けば書きやすくなるのではないでしょうか?

      500文字の文章を書くのが苦手な方は、是非試してみて下さいね〜。

    2. 文章を書くこつを丁寧に説明されていると思います。なかなか文字数をクリアすることは大変な感じがします。実際に説明されていることを見ると色々工夫されていることがよくわかります。私自身なかなか時間がなくて参加していないのですが、参考になると思います。ただ題名をみると少し難しいと思えることがたくさんあります。文字数もとても多く感じます。投稿する前に見てもらって添削してもらえるとありがたいと思います。ただドリームメール系に時間がかかりすぎて手がまわらないというのが実情です。

    3. 私は文章を書くのが好きな方だと思っていたのですが、実際に書いてみると500字というのはけっして楽な文字数ではないとわかりました。

      400字詰めの原稿用紙で1枚と少しであるにも関わらず、スマホの画面を前にすると文字数のイメージがつかめないのです。

      これは経験不足によるものも大きいと思うので、まずは慣れることだと思っています。

      そのような初心者の私からすると、この500文字を書く方法はいささか上級者向けだと思います。

      2の一番伝えたいことを膨らます、という意見は大変参考になりましたので、次回から心がけていきたいです。

      しかし、それ以外の助言は、大切だということはわかるのですが、今の自分ではどのようにすれば相手に伝わる文章を書けるのかの見当もつかないレベルです。

      まずはたくさん文章を書いて慣れていくことが自分の当面の課題です。

    4. 私も文章を書くのは嫌いではありません。

      でもスラスラは書けません。筆が遅いっていうやつですね。

      色々なことが頭の中で渦巻いていて、なかなかまとまらないのです。

      で書く方向が何となく定まって来ると、書き進めるわけですが、今度は自分の中で盛り上がり、ズラズラ沢山書いてしまいます。

      すると今度は、字数が大幅に多くなり、余計な言葉を削除する作業になります。

      で、ひとつの文章を仕上げるのに又々時間が、かかってしまうというわけです。

      こういう方法を参考にして、スラスラ書けるようになりたいですね。

    5. 参考になります。
      1番何を伝えたいかを膨らます。なるほどです。
      確かに、相手になにを伝えたいかが大切なので
      その部分を詳しく、膨らますことで
      的確に伝わりますね。
      読みての気持ちになって書くということも
      大事なんですね。今まで余り意識したことがなかったので、とても参考になりました。
      読みてのことを考えて、書くと分かりやすく
      読みやすい文章になるのでしょうね。
      今までは、書くことに一生懸命で、余裕がない
      文章だったかもしれません。反省を踏まえて
      これから、文章を書いていきたいと思います。

    6. ありがとうございます。非常に参考になりました。

      私はplusで文章を売るつもりはありません。

      しかしブログをやっております。

      アフィリエイトです。

      アフィリエイトにはアクセスが大事です。

      非常に大事です。

      そこでお金を払ってトラチェンに流してアクセスをあつめてます。

      しかしいままでの経験で魅力的なブログは別に細工をしなくてもアクセスを集めているのがわかりました。

      少しでもアフィリエイトの成果を上げるためには人を引き付ける文章を書くことが大事大事だと思います。

      このメールと一つ前の消して(ごめんなさい)しまったメールはその点で非常に参考になりました。

    7. 1,最低文字数が決められている場合、私はまず携帯の新規メール作成画面に書きます。私の携帯のメール画面が1行当たり12文字入力可能なので、500字の場合42行以上書けば最低ラインは保持できます。
      このように文字を入力しながら行数を常に意識しておくと完成したは文字数が足りない、と言ったことはなくなります。

      2,後は依頼内容が自分に書けるものかどうかが重要ですね。
      興味のないことや経験したことのないこと、知らないものはまず書けないので、私は潔くパスします。

      ただ普段からTVや雑誌、新聞、読書、ネットなどのメディアをたくさん観たり読んだりして、いろいろなことに興味を持って知識を得る努力は必要です。
      あるいは、いろいろな人と会話して情報交換することも必要ですし、自らも好奇心を持って様々なことに挑戦して経験を作ることも大切です。

      こうして得た知識、体験が文章を書く下準備になるのです。

      3,また文章が下手という方は、やはり人の書いた文章を普段から読むことが一番良い方法と思います。
      そういう面でも新聞、読書は文章力を養うのに役に立ちますよ。
      こういう書き方が良いんだな、とか逆にこの文章は主語があいまいで何のことを言ってるのだろう?とか良い面、悪い面を見ながら読むと読解力も文章力もつくはずです。

      以上簡単にまとめたつもりでしたが、長くなりスミマセン(;^_^A

    8. 『文章苦手な方が書きやすくするには』まずその依頼の内容によると思います。その依頼内容に興味があるならば文字数の事も忘れて夢中ですらすら書ける事でしょう。ただそれは、興味が無いことや 難しい内容ですとコメントしたいけどわからないといった事になるでしょう。例えば男でおすすめの化粧品などといった内容で文字数が多いと手がつけられない事も多いでしょう。余談ですが私の場合は韓流ショップで働いていた経験もあり韓国のマスクパックなどの知識が多少有ります。興味がなくても経験がものをいう時も有りますね。こういう文章作成の楽しい(?)機会でですからその内容についてブックオフなどでその内容の安い本など買ったりインターネット探索したりして勉強しても良いと思います。せっかくこのような機会ですからいろいろ知識を入れておくのも良いと思います。知識学ぶ事はいろいろな面(就職、日常生活など)でプラスになります。私は勉学は学生時代のものだけでなく死ぬまで一生勉強だと思います。どんどん積極的に記事を作成して新しい自分も見つけたいものです。

    9. 僕は書き込みなどが苦手で考えて行こうとしても何を考えたらいいのか、すら最初に考え過ぎてしまい、正直、始めの段階ですら、書き込みが出来ません。
      しかしこちらの記事を見させて頂き、自分の考えが改められました。
      正直、やっぱり最初から深く考えるより、自分がいいと思ったことを書き込めば他の方達にも受け入れられると思いました。その今後もこちらのサイトで自分の考えを書き込んで、その書き込み内容を見て下さる方がいますと幸いです。

    10. 私が作成する時は、文字数は最初は気にしないようにしてます。

      まず、
      ・グチャグチャで良いので語りたい事を書きなぐる。

      次に、
      ・丁寧な言葉に変換
      ・句読点と改行

      そして単語や文章を
      ・前後に入れ換え

      ここで文字数確認のために一度納品ボタンをします。

      足りない時は、
      ・継ぎ足し作業。

      語りたい案件で選ぶので、全く文字が足りなかった!
      などもありますし、書いたはいいが、お粗末で自己ボツもあります。

      気分は作家ですね。

      こうだったら、いいな。と思うのは
      案件をメールで送信出来たら嬉しいですね。

      電池の減り関係で、自宅以外では躊躇してしまってます。

    11. 私は文章を書くのが苦手なほうなので、いつもどんな風に書けば伝わりやすくなるのかなと思い、悩みながら書いていました。ちゃんとテーマにそって書けてるか、何度も読み返しています。

      いつも1つのテーマに、とても時間がかかってしまい、どうやったらうまく書けるかなと思ってました。

      そんな中この文章を読んで、とても参考になりました。文章にある通り5つのことを大事にして、相手になにを一番伝えたいか、どうやったらよく伝わるかを自分で考えて、いつかすらすら文章を書けるように頑張りたいです!

    コメント投稿

    *

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)