ネット内職(みんなの声)

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

1000文字の文章を書く方法(専門用語の補足説明)

33 views

長文の記事を書く際、一番気になるのが文字数だと思います。
規定の文字数があれば尚更焦ったり、行き詰まることもあると思いますが、ここでは簡単に誰でも文字を増やして長文化できる方法をご紹介したいと思います。

この方法は文章を書いている途中でも、書き終わって校正や添削の段階どちらでも出来る方法になります。
簡単に言うと、専門用語が多く使われていないかチェックするという事になります。

自分の趣味や得意な分野、業種、知識や経験などあたかも皆知っているかのような専門用語ばかりの表現は、知識がない人にとっては意味が分からなかったり、理解し難いものです。
なので当然知っているかの様な表現の使い方は避けた方が良いと思います。

もし専門用語を用いるなら、補足としてわかりやすく説明を加えることで、相手により詳しく丁寧な表現として伝わり、誰が見てもわかりやすい文章や内容となります。
結果として文字数もかなり増え、長文化になりやすいです。

読み手である相手がわかりやすいように、丁寧な表現を使うことを配慮・意識すれば、文字数も自然と増え長文化に繋がります。

実際私も実践しているお勧めの方法になります。
良かったら参考にして頂けたらと思います。

【PR】FXやるなら資金1万円から可能な「ゲムフォレックス」←登録はここから
サポートセンターの風景はこちら
企業理念はこちら
(モーリシャス金融ライセンス(GB21026537)を取得)

メルマガ登録はこちら

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!
・質問やコメント投稿としてもお使い下さい。

この記事を投稿した人(寄稿者情報)

みんなの投稿
みんなから集めた記事を投稿しています。「みんなの投稿(この寄稿者)」が投稿した記事は、不特定多数の人が書いた記事です。

あなたもこのブログに記事(内職に関する)を投稿することが出来ます。投稿したい方は「新規ユーザー登録(無料)」を行って下さい。