ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

気が宿る様な要約をして簡潔に纏める様にしてみましょう。ある意味ここの部分が一番大切だと言っても過言ではありません。

「文章に気を宿す」とはそもそもどう言う事なのでしょうか?答えは読んだ人がどう言う文章だったら気が宿っていると感じるのかと言う逆説から考えてみると分かりやすいのかも知れません。そして読者の心の変化は「この文章には気が宿っている。だから自分は今まで苦手だった事を告白する事ができた」と前向きになれるのです。そんな素晴らしい文章書ける訳が無いと考えている方も決してそんな事はありません。それはどうしてかと言うと答えが一つではないからなのです。

ただ、できれば皆さまが頭の中で想像した文章ではなく、できればご自身が経験された成功談の方が実際に皆様が身をもって行動した内容になるので説得力もありますし、スラスラと文章が書けると思います。またできれば文章の一文字毎に気が宿っていれば一番良いのですが、だからと言って余り難しい言葉ばかりを並べると単なる自己満足に終わってしまいますのでシンプルであり分かりやすいと言う事が最低条件になる事は間違いありません。そして「限定する事」も大切です。

例えば「◯◯をすれば最高すると思います」と言うよりは語尾を「できます」とした方が読み手は「そうなんだ」と心に突き刺さるので文章に気を宿す事ができます。

別に通り一編の本が悪いと言う事では無いのですが文章を書くと言うのは目的によって書く方法を変えて行く必要があり、普段から敬愛しているスポーツ選手や芸能人の文章であれば普段から彼らのパフォーマンスや努力が分かっていれば何気ないタッチの文章だとしても読み手は気が宿っていると感じ、自分の人生の力の源にする事ができるのですが素人の方が書く場合には冒頭に短くても良いのでこれから文章を読む方に対してインパクトが強いメッセージを書きます。これは本文も大切なのですがそもそも冒頭で心を掴む事ができなければ以降の文章は読んでもらえなくなるので初めは長くても良いのですが気が宿る様な要約をして簡潔に纏める様にしてみましょう。ある意味ここの部分が一番大切だと言っても過言ではありません。

冒頭をしっかりと決める事ができたら後は共感と納得をしてもらう事を意識しながら文章を書いて行きます。自分が共感した事、又は人に共感して欲しい事を気持ちを

ただ機械的にずらずらと書くのではなく読み手の気持ちにすんなり入る様に、例えば「もし皆さんが◯◯を実践すればきっと成功します!何故ならそれは本来貴方が心の底から望んでいる事だからなのです。」と言う風に相手の潜在意識の中にある小さな部分を引き出してあげる様な文章にすればそれを読んだ人は勇気を出す事ができます。最終的にただ読んで良かったと言う内容ではなく、究極に困っている人が「今すぐ実行してみよう」と言う風に感じられる内容であればそれこそが正に生きている文章と呼べますし気が宿っていると言う事になるのです。

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
更に、自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)