ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

言葉に気持ちを込める

文章に気を宿す方法は特に技術的に難しく感じる様に聞こえます。そもそも「気を宿す」様な文章に書き慣れていないと言う事もありますが、気を宿した文章とはそれを読んだ人達がやる気を出したり生きる希望を感じる事ができ、「よし、やってみよう」と思わせる様な物です。

ではその様な文章作成は難しいのかと言いますとコツさえ掴んで仕舞えば決してそんな事はありません。先ず初めに「人に伝わる様に分かりやすく記載する」と言う事です。当たり前の事ではありますが文学小説の様に難しい単語ばかりを並べると読み手に伝わり難いです。ですのでまるで言葉に気持ちを込める様にできれば短いフレーズで人のこころに響く様なキーワードから始めると読んだ人の心を第一印象で掴む事ができます。ですので最初に頭の中で「言葉だったらどう言うか?」を考えてみましょう。

例えば落ち込んでいる人が「大丈夫です。貴方ならできます。」と言うフレーズや「明日からは幸せになれます」などと言う短期的かつ自分の希望が書かれていると少し心が明るくなって、ではどうしたら良いのだろうかとその後の文章を読んでみたくなる物です。そして文章自体は最終的にフレーズに精通しないと意味がありませんし読み手が共感する様な構成にすると良いでしょう。

大体文章の始まりは「自分は◯◯をしたら災厄の状況から脱して生きる意味を見出す事ができた」等と言う自らの体験談からスタートします。ただこれだけだと筆者のみが満足する文章で終わってしまいますので体験談が終わったら抽象的でありながらも読み手の方々は「今どの様な状況か?きっと辛いはず」と言う事を察し、唯一の文章テクニックとしては自分自身を見下げて「こんな自分でも◯◯をした事で機器的状況から脱する事ができた」と言う風につなげると読み手は「この人はこう言う風な手法でピンチを脱したんだ!しかも今の自分よりも災厄の状況だったんだな」と自信を持つ事ができるのです。そして最終的にトップのフレーズに戻って自分でもできるのだと第一印象が強かったフレーズが更に100倍強い決意となって読み手の心に突き刺さるのです。そして最終的に読み手はそのフレーズを自分の信念として行動して其々の悩みを解決させる事ができるのです。

正にこうなれば気を宿した文章の理想となりますが、いきなりこの様な文章をスラスラ書けるのは難しいですし、慣れた方でも必ず見直しが必要です。第三者や読み手になったつもりで自身が書いた文章で、前向きに心が揺さぶられる様になったら気が宿った文章を書く事ができたと言っても良いでしょう。

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
更に、自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)