ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

【文章に良い気を込める】ユーモアを加えるだけで、クスッとした笑いが入り、そこで読む疲れを一度リセットすることができて、読む方も飽きさせないです。

【文章に良い気を込める】ユーモアを加えるだけで、クスッとした笑いが入り、そこで読む疲れを一度リセットすることができて、読む方も飽きさせないです。

文章に気を宿す方法で一番大切なことは伝えたいという想いを持つことです。ただやっつけ仕事の文章では、人の心を打つことはなく、つまらない文章と分類され、誰も読んでくれない文章となります。

例えば、一つのテーマの文章を書く時は、しっかりそれを調べ上げて、それをどう書いたら伝わるかしっかり考えて、時にはユーモアなど入れれば、長い文章だとしても、気が宿り、魂のこもった文章となり、きっと読む人の心に響く文章となります。読むは人は敏感です。これがただ文字を並べた文章、字数稼ぎの文章などは、とてもつまらない文章であり、読む人は読むことすらやめてしまい、全く頭に入りません。

ユーモアを入れるということも大切なことでもあります。長い文章ですと、いくら気が宿る文章だとしても、飽きる方もいらっしゃいます。そんな時に、ユーモアを加えるだけで、クスッとした笑いが入り、そこで読む疲れを一度リセットすることができて、読む方も飽きさせないです。そういった配慮は読む側にも伝わります。そういった配慮があるだけでも全然変わってきます。

文章に気を宿すということは、自分自身で文章を書くことを楽しむことも大切です。文章を書くのに、退屈や嫌だなどと感じて文章を書いていては、そこに気は宿りません。文章を書いて楽しい、想いを伝える、読み手を飽きさせない為にユーモアを入れるなど、文章を書くこと自体が楽しく、相手に伝えたいという気持ちがあれば、自然の文章に気を宿すことが出来るのです。

文章というものは文字で見て理解します。言葉は口から発せられることで理解します。正直、文章で見た方が、重く受け止められることがあります。口ならば冗談で済むことも、文章になった途端に急に重く感じたりしてしまうものです。文章を書く時にはその点も気をつけなければ、なりません。気が宿る文章は時に人を傷つけることもありますので、その点の配慮もとても大切なことです。そういった配慮にも気が宿はます。文章は人柄が出てきますので、とにかく心を込めて、配慮を忘れずに文章を書くことを心掛けましょう。

文章に気を宿すのは簡単です。想いを込めて、読む側の気持ちを考えて、ユーモアを入れるだけです。自分が本当に読んで欲しいと思う文章に必ず気は宿りますので、とにかく気持ちを込めて書きましょう。文章は書き続ければ続けるほど、伝える文章が書けるようになりますので、とにかく自分で楽しんで文章を書いてみましょう。

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
更に、自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)