ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

こころに響く文章を書くことが気を宿す。 

こころに響く文章を書くことが気を宿す。

文章を書き、人に思いを伝えるという行為は容易なことではありません。

それはなぜか? それは映像などと違い、ひとめでわかるものではないからです。

映像は瞬間に理解できます。 しかし文章は読み進めなくてはいけません。

けれども、読み進めなければ解からない、文章が作り出す感動と発見があります。

ではそういった文章はどう書けばいいのでしょうか。

デジタルだからこそのアナログ文章がいい。

スマホの普及もあって、文章はデジタル機器で目にすることが増えました。

そのためか、表示される文章はただの情報にしか見えません。

そう、まったく人間味が薄いのです。

当たり障りのない事務的な文章は、理解はあっても感動はありません。

だから、用が済めばゆび先で飛ばし読みされるのです。

ではどうすれば、読み手のこころに訴えかけられるのでしょう。

それはアナログ感覚の文章です。
アナログ感覚は仮想人物に語りかける文章。

デジタルではなく、アナログで書く。

これはつまり、仮想の相手を作り上げて語りかけるのです。

男性かそれとも女性か。 年齢層は?どんな境遇で何に悩んでいるか、など。

具体的なシチュエーションを想定して文章を書くのです。

そこにアナログな人間味が加わり、相手のこころに訴えかけるのです。

しかしそれだけではまだ、不十分です。

特定の人物を想定して語ったとしても伝わりこそすれ、感動まではいきません。

さらに感情を揺さぶる工夫が必要です。

感情を揺さぶる文章、それは手紙。

紙を使って手紙を書く。このアナログな行為は、創作と想像と相手への思いでできています。

時間をかけ、相手への感情をペンで表現する。

それが想いを寄せる人物ならばなお、感情に訴え強く相手に届く文章となります。

いってみれば、ラブレター。

ラブレターを書くような想いをもって綴ることが、気の宿った文章を書くことになるのです。

まとめ

文章に気を宿すというのは、たやすいことではありません。

なぜなら、それは文章にアナログな人間味を加えることだからです。

方法としては、読み手を想像し、仮想の人物像に語りかけるようにすること。

そうすることが、読者への共感を呼びます。

共感を呼び起こしたならば、感情に訴えます。

その方法として、手書きの手紙を書くようにすることです。

その手紙も相手を仮想し、まるで愛おしい相手に求愛するように書くのです。

その愛おしい相手への想いが、文章に気を宿すことになるのです。

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)