ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

気が宿る文章を書くことは、自分に素直になり、ベクトルの向きを一点に絞らことが大切なことなので、その点を意識して書けば、人の心に響く文章を書くことが出来るでしょう。

文章に気を宿す方法は、自分の言葉を使うことです。ありきたりな定型文などを使わず、全方位の言葉ではなく、一つに向けた言葉を文章にすべきです。

例えば、学生時代校長先生の朝礼の挨拶は足らなかった方は多いと思います。それは全校生徒全てに向けた言葉であるからつまらないのです。全てに向けた言葉ならば、ベクトルの方向が定まらず、やがて失速します。ここに向けて話すと決めた言葉は、分散しない分ストレートに伝わり、失速することはありません。これは文章にも同じことが言えます。全方位の全ての人に向けた言葉は、やがて失速します。気が宿ることなどありません。本当に伝えたいこと、そのに向けた言葉はベクトルの方向が定まっていることから、気が宿る言葉が生まれていくのです。誰でも言えるような言葉、皆に好かれる言葉、そのような文章に気が宿るわけがありません、嫌われてもいい、ここを伝えたいという一本のベクトルほど気が宿る文章となるのです。

例えば、自由というものは、一見良い言葉に思えます。しかし、無限の可能性という自由がある反面、実は選択肢が多く、迷いも生まれやすいのです。つまり文章も無限の可能性のような誰にでも分かりやすく、心に響く言葉などないのです。このことを伝えたいという一つの文が初めて人の心を打つ、魂の気が宿る文章となるのです。学校の先生、会社の上司、政治家の発言がつまらないのは、全方位の皆に伝わる言葉、皆が理解できる言葉だからつまらないのです。人の心を打つには、その人だけへのベクトルの向きが一つになっている言葉が大切なのです。文章も万人に受ける文章を書くことは、気が宿る文章には見えないということです。ここという一点の文章を書けるようになった時、初めて気の宿る文章を書くことが出来るようになるのです。気の宿る文章ではなければ、皆に退屈に思われて、読むことすらしなくなってしまうのです。言葉を活字にするだけで、強く受ける印象がありますが、退屈な気が宿らない文章を書いて、他人が読めば、人柄さえ退屈な人間だと感じてしまう可能性だってあるのです。

つまり、文章は気の宿る文章を書かなければ、自分の価値を下げてしまうこともありますので、ベクトルの向きを一点に絞り、書くのことがとても重要なことです。気が宿る文章を書くことは、自分に素直になり、ベクトルの向きを一点に絞らことが大切なことなので、その点を意識して書けば、人の心に響く文章を書くことが出来るでしょう。

更に、下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)