ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

生き生きとした文章を書くために気をつけること。自分なりに文章に気を込めよう

記事を書くのは誰もに読んでもらいたいからです。
誰もが読みたくなる文章を書くことが一番大切です。
そのために必要なのは読みやすい文章です。

だけど、読みやすい文章だけど読むのがつらくなる場合があります。
理由は文章が単調になっているからです。

大切なのは文章を書く上で大切なのは起承転結です。
思いついたまま、あれこれと書いていくのではなく文章を相手が読めるように整理しましょう。
ただ、「整理するのは苦手なんだよね」という人もいます。
その場合は言葉をメモとかに書き出すと便利です。
とはいえ、人によってはそれが面倒と感じるので厄介です。

生き生きとした文章を書きたいなら、プロに教えを聞くのが一番です。
そこでネットでプロの意見を聞いてみました。
そして、生き生きとした文章になるテクニックを見つけました。
このテクニックを使えば誰でもある程度の文章を書くことができるはずです。
まず、自分の言葉で書くということです。

他人の言葉をそのまま書いていては文章が単調になってしまいます。
実際、誰もが豊かな言葉を持っているはずです。
使い古された文章では生き生きさが感じられないのは当然です。
しかし、人によっては自分の言葉を文章にできない人もいるのも事実です。
結局、自分のできる範囲で「自分の言葉」を作ってみましょう。

名詞を使うときはよく考えてみましょう。
名詞によってその文章のキャラクター、イメージ、テーマなどが決まります。
文章にふさわしい名詞を選ぶことでイメージが変化していきます。
ただし、漠然とした名詞を多用すると文章がぼやけていきます。
読む相手にどう伝わるかでその文章が生きてくるかわかります。

次に注目するのは動詞です。
動詞だから動きがあるわけではありません。
なんでも、動詞には”静的な動詞”と”動的な動詞”があります。
静的な動詞を多用せず、”動的な動詞”を沢山文章に埋め込んでいくことで文章に動きがでてきます。
一度、書いてみた文章を見直してぼんやりとした”静的な動詞”をはずしていく努力をしましょう。

曖昧な表現はなるたけ避けましょう。
理由は先に挙げた通り、文章がぼやけてしまいます。
最後は読み手に対してトーンを合わせることです。
例えば、くだけた話し方にしたり凛とした文章にしたりと変えていくことです。

最後に文章の書き方は人それぞれです。
これまで挙げてきたポイントは基本的なものです。
人によっては音楽のリズムによって文章を書いていくとなんだか、生き生きとしていると感じることもあります。
とにかく、いろいろと書くことで文章は生きてくると思います。

更に、、、、

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

続きをメールで読む

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)