ネット内職(みんなの声)

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

人を動かす生きた文章は気が宿る

何か調べ物をする時、書籍やWebページを読んで、あまり内容が入ってこないなあと感じたことはありませんか?
とても役立つことが書かれていても、内容が入ってこなければ意味がありません。
欲しい情報が書かれているのに入ってこない、それは何故でしょう?
それは文章に「気」が宿っていないからです。

気が宿っている文章と宿っていない文章の違い

気が宿っていない文章では欲しい情報や興味のある内容でも頭に入ってこなかったり、つまらない、眠たいと感じてしまいます。
逆に、気が宿っている文章では興味のない内容であっても最後まで苦なく読める、そんなこともあります。

気が宿るとはどういうこと?

読みやすい文章というだけなら、適度な改行や見出し、文字のサイズやカラーなどで工夫が出来ますよね。
勿論、読みやすさも重要ではありますが、それだけでは気が宿っている文章とは言えません。

それぞれの思う「気」は違うかもしれませんが、私は「読まれる方への想い」「内容への想い」だと考えています。

例えば、失恋に関しての内容を書こうとした時、失恋経験があればその時の経験、どれ程苦しかったか、など次々に浮かんできてスラスラと文章が書けるのではないでしょうか。
これは「内容への想い」の1つの例です。
他にも、自分が好きなものや知って欲しいと思っていることであれば、同じようにスラスラと書けるのではないでしょうか。

また、失恋した方が読まれるのだろうと思えば、その悲しみや苦しみへの理解、それを解きほぐすような言葉が出てきます。
そうすると、読まれる方の気持ちに寄り添う文章が出来ますね。
それは「読まれる方への想い」ではないでしょうか。

このように、「内容への想い」「読まれる方への想い」が「気が宿る文章」に大切なことだと考えています。

気が宿る文章の書き方とは?

文章を書くこと自体は難しいものではありませんが、分かりやすく、人を動かすような文章を書こうと思うと中々簡単にはいかないものです。
私自身も様々な場面で文章を書いてきて、生きた文章を書くことの難しさはよく分かります。
しかし、実際は特別な技術がいる物でもなく、そう難しいことでもありませんでした。

先述の通り、内容への想いや読まれる方への想いがあれば、気が宿る文章のベースは出来ていると考えています。
と言っても、難しいと感じたり、想いは持っているのにと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
もっと簡単な言葉で言えば、「やる気」だと私は考えています。

伝えようという想い、読まれる方に寄り添う気持ち、それが気が宿る文章の鍵です。
ただつらつらと文字を並べていても、人を動かす生きた文章にはなりません。

読まれた方の心を動かすような、気が宿った生きた文章は、想いの込もった特別なものになります。
文章を作成される際、想いを込め、気を宿すことを意識されてみてはいかがでしょうか。

以下の記事を読んでみて下さい。

ロボットのような、眠たい記事作成とはサヨナラしませんか?生きた文章を書くようにして下さい。

 

下記の本に書いてある「簡単3ステップ」を、文章作成時にやってみて下さい。
自然と文章に「」を宿すことが出来ます。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)