文章は、物事を読者に伝えるものです。読者は、「知りたいから、知らないから、興味があるから」その記事を読みます。ですから、まずは周辺の状況説明からスタートすると、初めての人でも「分かり易い、興味を以って読める」記事になります。

[具体例1. 或るお城の紹介記事] まずは「お城の所在地、城主、築城年月」などの基本情報、続いてそれぞれについて更に詳しく説明、読者の興味は「そこで何が起こったのか」史実の変遷ですので、そこでの実際の出来事やその結末を紹介します。

[具体例2.個人の体験談の紹介] 「何時・何処で・どの様な」などの基本情報を興味を誘うキーワードを入れて紹介、次に後に続く記事を分かり易くするための説明、そして本題「どんな楽しいこと、怖いことがあつたのか、どう感じたのか」など説明します。

いきなり本題に入ってしまうと、中々思いが伝わりません。理解してもらうためには、紹介しました具体例のように、本題に入る前に基本情報を伝えることが大切です。構成は「起承転結」にすることで分かり易い文章になります。また、スムーズに作成できます。

そう言う私も、最初は戸惑いました。考え過ぎると書けなくなりますので、先ずは伝えたい一文を書くことです。書きながら頭の中が整理できます。この時、自分の言葉で素直に表現することが大切です。尚、書いていると構成(起承転結)も見えてきます。

【記事作成会員登録後も完全無料】【500円~お振込み】
Plusではあなたの文章がすぐお金になります。