ネット内職(みんなの声)

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

文章が書けない最大の原因の1つ。それは「恐怖」です。

3061 views
文章が書けない最大の原因の1つ。それは「恐怖」です。

文章が書けない最大の原因は「恐怖」

「文章を書こうと思ったけど、500文字も達成することが出来ない…」と、嘆いている人ってけっこう多いです。

この理由、わかりますか?

僕は、「Plus記事作成代行サービス」というサイトを運営していて、会員様の中で「文章が書ける人」と「文章が書けない人」がいて、その”違い”って何だろうか。とずっと見てきました。そこでわかってきたことがあります。

「文章が書ける人」は「恐怖が少ない」のです。逆に、「文章が書けない人」は「恐怖が強い」のです。言い換えれば、「文章が書ける人」は「本当の自分に近い」のです。逆に、「文章が書けない人」は「本当の自分からかけ離れている」のです。

何かに恐怖しているから、恐怖によって表現が出来ないのです。「レビューは投稿者自身の心を表している自己紹介!あまり気にするな!」の中で次のようにお伝えしています。

ライターズ・ブロックとは、物書きが突き当たる障壁のことで、文章が書けなくなったり、書く気力が湧いてこない、インスピレーションが湧かなくなったり、酷い場合、書こうとするだけ、或いは書き始めると緊張型頭痛などが起こるようになる場合があります。

ライターズ・ブロックの原因として考えられることは、本当は書きたくないのに「書かなければ」と思って焦ることや、ストレスや疲れ、書くことに対しての興味や知識の無さ、自分の文章に対して中傷をされてきたなど、色々と考えられますが、自分の原因を特定することが大切です。

自分の原因を特定すると、その原因は恐怖に繋がっていることが殆どです。このように、文章が書けない最大の原因は1つ。それは「恐怖」なのです。自覚の有無にかかわらず、恐怖が文章を書くということを阻害しているのです。

コンテンツの製作・管理の専門家も恐怖が原因だと言っている

マーケティング・プロフスの最高コンテンツ責任者であるアン・ハンドリー氏の本に書かれていることを引用させていただきます。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

こちらの引用文によって、あなたも文章が書けない最大の原因は「恐怖」だということを納得せざるを得ないかと思います。

書くことには無数の恐怖が付き纏う

書くことには、無数の恐怖が付き纏うものです。僕も、書くことが怖かった。勉強なんか小学生までです。最初は、まともな文章さえかけず、支離滅裂、混乱、自分の言いたいことさえ伝えられない、得体のしれない恐怖が出てきていました。

こう書いても大丈夫だろうか?こう書いたら変に思われないだろうか?そういった自信のなさが文章を書くことをしり込みさせているのです。自信がない人は文章を書けません。自信を持つほど、文章が書けるようになり、綺麗な文章を書けるようになるのです。

文章を書けるようになるには「恐怖」を乗り越える必要がある

引用だって、ルールを知らなければ、著作権侵害になります。最悪、法的手段に出られ訴えられることだってあります。ですから、「正しいルールを知る」ことが必要なのです。

「恐怖」というのは、脳の扁桃体で感じるものです。「知る」というのは、脳の前頭前野も働かせることです。専門家が言うには、脳の扁桃体に瞬時に介入できるのは脳の前頭前野だといわれています。つまり、恐怖を感じて興奮している脳の扁桃体を鎮めることが出来るのが、脳の前頭前野ということです。

つまり、前頭前野を鍛えていれば、恐怖しにくくなるということです。前頭前野を鍛えるための1つとして「知る」という作業が役立つのです。ですから「知ってしまえば怖くない」になるのです。

書くことは、無数の恐怖が付き纏うと書きました。つまり、「知る」を増やせば恐怖は消えていくので、誰でも「知る」を増やせば恐怖は消えるんです。

先ほどお伝えした、「正しいルールを知る」ことが必要というのは「正しいルールを知ることが恐怖を消す」からです。正しいルールを知ることで、恐怖が減り、文章をスラスラ書けるようにもなってくるのです。

恐れは、無知からくるのです。

さぁ文章を書き始めよう

恐れていてはいつまでたっても恐れたままです。

文章は、書いて書いて、書きまくることで鍛えられていくのです。

書かなければ何も変わりません。

文章が書けるようになるということは、書いて書いて、失敗して、間違いを正し、成長し、自信をもって、勇気をもって、知識を持って、克服することなのです。

もう1度、マーケティング・プロフスの最高コンテンツ責任者であるアン・ハンドリー氏の本に書かれていることを引用させていただきます。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

赤文字部分を読んでみて下さい。

さきほど、僕が言った「文章が書けるようになるということは、書いて書いて、失敗して、間違いを正し、成長し、自信をもって、勇気をもって、知識を持って、克服することなのです。」と繋がりますよね。

怯えている暇はありません。

自分が、1人の人間として、発信したいことって誰にでもあるのです。

文章は、あなたを変えます。

大袈裟でもなんでもなく、人を変え、世界を少しだけ変えます。

それが「文章」です。

僕は、自信をもってこう書きました。

すると、必ず、こういった否定的な考えをする者が出てきます。

それは、

( ´,_ゝ`)プッ 文章が世界を変えるだってwwww うけるwww よっ!世界を変える男!wwwww

と。

この見事に下品な言葉は、「嘲笑」と言います。

嘲笑は、理解の限度を超えた者が行うことです。理解力がないことを嘲笑うことで誤魔化すのです。

それも、知ってしまえば怖いことじゃないとわかりますよね。

嘲笑して喜んでいる人は、それはその人の自由であり、その人が創る自分の世界です。

自分が創った世界に人は心を置きます。

人を嘲笑して楽しんでいる人は、自分の責任で自分をそういった世界に住まわしているのです。結果も自分持ちです。

なにも、恐れることはありません。

あなたは、あなたの書きたいことを責任をもって書けばいいのです。

自信を持つことに繋がります。

早速、書き始めて下さい。書く生活習慣が大事です。

メルマガ登録はこちら

この記事のレビュー(一覧)

5
Rated 5 out of 5
星5つのうち5 1件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)100%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

わかりみが深い

Rated 5 out of 5
2022年1月21日

私は書くことが怖いです📝克服していきたいです
よろしくお願いします🥺

ゆき

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!
・質問やコメント投稿としてもお使い下さい。

この記事を投稿した人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com