ネット内職プラス

あなたの文章がお金に。ネットで文章を書いて稼ぐ「在宅・副業」

3000文字の記事作成・文章をマスターする方法!

PLUSというサイトで文章を書いている者です。
文章を書くときの長文の為の参考になれば幸いです。

文章を作成するときに3000文字などの
長文があると文字数が多いなぁと中々手が
出せずに諦めてしまいがちです。

ですが考え方によっては簡単に作成出来ます!
文章構成しだいで3000文字という長文が
スラスラと作成出来るようになります。

・長文をマスターする方法1

「段落を4つに分けて文章を作成する」
これが長文を作成する上で一番重要です。
作文などを書くときに大抵は段落を4つに分け
序論・本論・結論という風に段落分けします。
文章作成のお題により書き方は異なりますが
「○○について」というお題であれば序論には
その○○とは何かの説明文を書きます。

次に本論は2つに分けて世間一般的な考えや
調べた結果どうだったのかなどの事例などを
書いていきます。2つに分けることで読む側に
とっても読みやすく、書く側にとっても割と
書きやすいです。

最後に結論では序論と本論を踏まえた結果を
書いていきます。結果は一番書きやすく、文字数
もあまり必要ありません。

このようにお題にそって段落分けをすると
簡単に書けます。それと4つに分けるといっても
改行はしっかりと空けるようにします。
話の区切りは4つで、改行は読みやすいところで
しっかりと空け分かりやすくします。

・長文をマスターする方法2

「お題選びを慎重にする」
長文を書く上でお題は非常に重要です。
書きやすいお題もあれば無知なお題もあります。
なのでお題や指定された書き方を慎重に選ぶ
ことが大事です。

まず書きやすいのは文章を書く上で、
最初からいくつか見出しが決まっていて
それに対して書いていくものです。
1.○○とは?や2.○○のメリットは?などと
あらかじめ用意されているものは比較的に
書きやすいので長文でも簡単に書けます。

意外に書きやすいのは無知なお題です。
知っているお題の方が書きやすいのでは?と
疑問に思う人もいますが実は長文については
全く逆です。短文であれば知っている方が
スラスラ書けるのですが、長文の場合は内容が
偏ってしまったり知識が尽きてしまいます。
するとダラダラとした文章になってしまい
書くのが辛くなってきます。

しかし無知なお題の場合知らないことだらけで
調べてから書くことになります。するとたくさん
の知識を得ることが出来て、書くことも多くなり
長文でもスラスラと中身が濃い文章を書けるよう
になります。

お題がどのようなものかで書きやすさが決まり
レベルの高い文章を書けるかが決まります。
長文を書く際には自分が飽きずに割と簡単に
書けるお題を選びましょう。

・長文をマスターする方法3

「長文だからといって文字数にとらわれない」
3000文字という文字数にとらわれてしまうと
最後まで書くのが大変になり最初から諦めて
しまうことがあります。ですが考え方を変えると
3000文字やそれ以上の文字数もそんなに多く
感じなくなります。

まずは3000文字を文章で書く際にメールや
lineなどをイメージした方がいいです。
メールなどは場合によっては長文になる時が
あります。実はそれと全く一緒です。
実際長文メールの時は3000文字に近かったり
何通か送っているうちに3000文字なんてすぐに
超えてしまいます。なのでお題があるメールと
思えば抵抗がある長文と思わなくなります。

他には500文字を6つ書くだけと思うと割と
楽に書けます。500文字程度ならよく書くし、
早い人であれば5分以内に書き終わったりします。
なのでそれを6つ書くだけなんだなぁと思えば、
3000文字は難しくないです。

このように長文を書く際に心理的な部分を
変えると難しく感じないです。文字数が多いと
感じるよりは、500文字の文章を6つ書くだけか
と楽観的に考えると無理せずに書けます。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. そうですね、長文も億劫がらずにあまり難しく考えないで、まずやってみればいいんですよね。

    私も番号ふられて、それぞれ見出しがついているのはやりやすいと思いました。

    一つの見出しで、300〜500文字書けばいいのでコツコツやっている内に完成しています。

    ただ私は時間がかかってしまい、文章を書き始めてからも何十分もかかります。

    それと、全然知らないテーマだと当然検索して調べますが、その調べるのにすごく時間がかかってしまいます。

    どうやったら、短時間に自分が知りたいことを効率よく調べられるのでしょうか?

    自分なりの文章にうまくリライトするのも難しく、それにも悩んだりします。

    まだまだのレベルなのかもしれないけど、場数踏むしかないですかね〜。

  2. 長文を書く上で非常に為になるお話しでした。
    長文が得意な人はやはり努力だけでなくアイデアや工夫が凄いです。
    特に長文を作成するのに段落を4つに分けて文章を作成。
    序論・本論・結論という風に段落分けすれば確かにスムーズですね。参考になります。後は、商品などの説明文を書き、次に世間一般的な考えを書く。
    文章を書く上で、いくつか見出しが決まっていればそれに対して書いていけば詰まる事がなさそうですね。
    個人的な意見としてはメリットだけでなくデメリットも書くようにした方が信用される気がします。3000文字はまだチャレンジした事がありませんが、この記事を読んでみて試したくなりました。

  3. 成るほど〜!
    長文を書くコツがこんなにあったんですね。
    まさに目からウロコです!
    私は、いつも500字の文章を書いていて一番書きやすい文字数だと思っていて、案件も自分の知っているものを選んでいました。
    知識があった方が書きやすいと思っていたからです。
    でも、知らない事は調べて書いた方が書きやすい、長文を4つに区切って段落分けするとやりやすい、500字の文章を6つ書くと思えば良い等々、自分では全く思いつかない事を教えてもらい、嬉しいです。

    正直、長文はあまり挑戦した事はありませんので、これを機会に書いてみたいと思います。
    お題もあえて知らないものを選びたいと思います。
    知らない事を知る喜びを知るのも知識の幅が広がって良いですね。

  4. メールのやりとりなんかでも短文は嫌いである程度まとまった長さの文章が好きなのですが、3000文字の長文はうーん難しいなあ‥ってのが本音でした。

    そう思ってた時の今回の記事、なるほど!納得です。

    4つの段落に文章をわけるというのも納得ですが、何よりお題目選びについてはまさに目から鱗。確かに自分の知識が浅い題目の方がそれを調べてから文章にしていけばいいし、何より知識を広めていけるというメリットもありますね。

    今記事のひとつひとつを見て勉強していますが、今回の記事は僕の求めていたそのものでした!

    早速画面メモさせてもらって時間を見つけて読み返したいと思います。

    そしてPLUSでの記事を書くための力を付けていきたいと思います。

  5. 目からウロコの情報でした!

    「500文字を6つ書くつもりで」とか、「無知なお題の方が書きやすい」など、考えを改めさせられた話題ばかりでした。

    私も、「知っているお題の方が、長文を書きやすい」と思っていましたが、確かにいざ書き始めると、すぐに話題が尽きてしまい、困った経験がありました。

    知らない事なら、調べなければ書けないし、調べた事を順に分かりやすく作成していけば良いのですから、確かにそちらの方がやりやすいかもしれませんね!

    長文のお仕事は避けがちでしたが、これからこの方法でチャレンジしてみたいと思います!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)